記事一覧

ピアニストの心に響くエレガントな腕時計

音楽家として、またコレクターとして、洗練というのはコージ・アットウッド(Koji Attwood)の得意とするところだ。

コージ・アトウッド氏が幼稚園に通っていたころ、先生は彼に問題があることに気づいた。字を書くのも、ハサミを使うのも、靴ひもを結ぶのも苦手だったのだ。そこで先生は、手と目の連動をよくするために、ピアノを弾くことを勧めた。

 ジュリアード音楽院で博士号を取得し、リンカーンセンターで多くのソロ公演を行った現在、49歳のアトウッド氏はまだピアノを弾き続けている。ユタ大学の教授として、ほかの楽器のために書かれた曲をピアノソロ用に書き起こすことを専門としている。「この方法だと、ただ聴くだけでなく、積極的に参加することができるんです」と彼は言う。靴紐を結ぶのも苦にならない。

日本人の母とアメリカ人の父のあいだに生まれたアトウッド氏は、カンザス州の小さな町、ローレンスで育った。幼いころ、近所の人たちはアトウッドと母親が道を歩いていると、「日本人を見たことがない」と家から出てきたという。しかし、悪いことばかりではなかった。「こんなことを言うと信じてもらえないのですが、少なくとも私がいたころのカンザス州の公立学校は素晴らしく、本当に素晴らしい先生がたくさんいました」。

 そして、その一人の幼稚園の先生が、その後の彼の人生を形作る道筋を描いたのだ。彼は、音楽を外国語のように扱う鈴木式勉強法でピアノを学んだ。両親とも音楽家ではなかったが(実際、父親はピアノではなくゴルフを習わせようとしていた)、アトウッド氏には音楽的なつながりがひとつある「ひいひいおじいさんのトーマス・アトウッドは、モーツァルトに師事していたんです」。

ピアノに目覚めたのは幼稚園の先生の影響だったが、時計は祖父の影響だった。幼いころ彼は祖父の懐中時計のメカニズムに魅了された。ピアニストがムーブメントの仕組みに夢中になるのは当然だろう。ピアノには1万個以上の部品があり、それらが組み合わさってピアノのアクション(仕組み)を形成し、それぞれのピアノの独特の「声」を作り出している。また、高級ピアノはラッカー塗装で仕上げられており、内部の機構と同じように緻密に整えられている。

 アトウッド氏のコレクションは、この外見の美しさと内面の精密さの融合を反映している。どの作品も、卓越したキャリバーに裏打ちされたエレガントな美しさを誇っている。しかし、同氏は流行り廃りを気にしない。彼は、1世紀にわたるコレクションを、ひとつのテーマでまとめているのだ。コンパクトで、洗練されていて、珍しい。ここでは、彼のコレクションから注目すべき4つの時計と、秘蔵の1冊をご紹介する。


【関連記事】:https://www.carookee.de/forum/bagshop711