記事一覧

それでは前置きはこのくらいにして、ジョー・バイデン大統領の時計をご紹介しよう。

"この機会を利用して、真の時計コレクターである(と思われる)唯一の現職大統領のため、最新の情報にアップデートしたい。バイデン氏のコレクションは、アナログクォーツからスマートウォッチ、スイスの高級時計に至るまで、実に多彩だ。

これは彼がこれまで公の場で身につけてきたすべての腕時計を網羅するものではなく(たくさんありすぎるため)、行政府の長として、現在の彼の腕時計のコレクションを紹介するものである。

1.2020年 ブライトリングコピー新作エンデュランス プロ X82310A51B1S1

エンデュランス プロ
Ref:X82310A51B1S1
ケース径:44mm
ケース素材:ブライトライト®
防水性:100m
ストラップ:ラバー
ムーブメント:温度補正スーパークォーツ、Cal.ブライトリング82、クロノグラフ(1/10秒計、30分積算計)、日付
仕様:時・分・秒表示、両方向回転ベゼル、方位目盛り

2.★雑誌掲載★ルイヴィトン x デジタル時計 コピー タンブール ホライゾン QA052Z

色:ブラウン系
デザイン:
サンドブラスト仕上げを施したスティールケースにマットブラウンのPVD仕上げ
ケース直径:42 mm
ケースの厚み: 12.6 mm
マットブラウンのPVD仕上げを施したスティールホーン
ケースの背面:ブラックサファイアガラスにピンクゴールドカラーのLV ロゴ
サファイアガラスにブラック&ブラウンの24時間モノグラム・リング付き
ピンクゴールドカラーのインデックスとLV ロゴ、モノグラム・フラワー
リューズ:スティールにマットブラウンのPVD仕上げ、ブラックのLV ロゴ
ステンレススティールのアーディオンバックル
技術機能:
回転式のリューズ
1.2’’インチフルラウンドAMOLEDタッチスクリーン、解像度 390x390 (327 ppi)
30M防水
フル充電で平均約1日。バッテリー残量が15% になると自動的に起動するバッテリーセーバーモードに移行し、さらに約5日使用可能です。
OS:Wear OS by Google
互換性:Android 4.4+*/ iOS 9.3**(Android 4.4*以上のスマートフォンまたは、iPhone 5**以降の iOS 9.3**以上のiPhoneに対応)。 サポートされる機能はプラットフォームによって異なる場合がございます。
接続性: Bluetooth 4.2***、Wi-Fi (802.1 B/G/N)、NFC
センサー:ジャイロスコープ、環境光センサー
オーディオ:マイク
その他:バイブレーター

3.22SS ロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャスト 31 Ref:326235

型番: 326235
ケースサイズ: 直径42mm
素材: イエローゴールド/エバーローズゴールド
文字盤: シャンパン,白等
ムーブメント
ムーブメント: Cal.9001
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約72時間
機能
防水: 100m


【関連記事】:http://kobekec.net/info/index.cgi
"

ここ数年、時計製造において最も人気のあるカテゴリーであり、その勢いは衰える気配がなく、ゼニスが参入を希望するのは純粋によいことだ。

エスパーダの発表当時、ゼニスに在籍していたマリエッタ氏は、「私たちが本当に学んだことは、3針バージョンを成功させるには、ムーブメントのバリエーションだけでは不十分だし、内蔵されたクロノグラフモジュールを外すだけでは不十分だということ」と語る。「エスパーダは、エル・プリメロ400からクロノグラフを取り除いたダイレクトなバリエーションだったのです。新しい3620は、それとはまったく違います。クロノグラフモジュールのない、ただのエル・プリメロではないのです。これは完全に作り直されているのです」。

私のふたつめの考察は、成長を続ける一体型ブレスレットを備えた3針ステンレススティールスポーツウォッチというカテゴリーにおいてのゼニスの審美性だ。ここ数年、時計製造において最も人気のあるカテゴリーであり、その勢いは衰える気配がなく、ゼニスが参入を希望するのは純粋によいことだ。そのため、単にトレンドに追随するのではなく、ゼニスがこのリリースにまつわる話題をコントロールする一歩を踏み出したことを高く評価したい。

ゼニス デファイ エルプリメロ21 95.9005.9004/01.M9000

2018年発表のゼニスが誇るクロノグラフムーブメントのエル・プリメロを搭載した「デファイ エルプリメロ21」。

ケースとブレスレットには軽量で硬い素材のチタン、ベゼルには高硬度と耐傷性を誇るブラックセラミックを採用したモデル。

エルプリメロの持つ36000振動を最大限に活かした1/100秒クロノグラフとなり、センターに設けたクロノグラフ秒針は一秒で一回転します。

3時位置には30分積算計、6時位置には60秒カウンター、そして9時位置はスモールセコンドの配置となります。

さらに12時位置にはクロノグラフのパワーリザーブインジケーターを配置。

実生活では必要な場面はほとんどないオーバースペック気味なクロノグラフですが、是非一度1/100秒計の高速回転をご覧ください。

ゼニス デファイ スカイラインは、1969年のデファイ A3642のような、ゼニスの過去の時計からインスピレーションを得ている。1972年のオーデマ ピゲのロイヤル オークや1976年のパテック フィリップのノーチラスではないのだ。そして、これは単なる美意識の問題ではない。ゼニスのクラシックな発明品であるエル・プリメロムーブメントを新たな高みへと昇華させた、実に興味深い時計製造が行われているのだ。

「エスパーダとシノプシスは2年ぐらいしか生きられませんでした」とマリエッタ氏は話す。「性能的にも、セールス的にも、それほど成功したとはいえません。時期が悪かったのでしょう。デザインが良くなかったのかもしれません。それともコレクションが悪かったのか。でも、大きな変化は、特別なものを作るには、もう少し深く考えなければいけないということです。私たちは、機能を最後ではなく、考察の最初に置きたかったのです」。